思考

【思想】期待はあらゆる苦悩のもとである/シェークスピア

【※ 当記事は2022年1月31日時点の情報です】

ペイヴメント(@pavement1234)です

シェークスピア
シェークスピア

期待はあらゆる苦悩のもとである

有名なシェークスピアの言葉です。悩みの根源を突いてる感じがしますがどうしたら悩みは無くなるのか?

私の悩み

これまで私が悩んでいた/悩んでいることは大体以下の3点に集約されます

①人間関係(家族、恋人、職場、隣人など)

②コンプレックス(容姿、スタイル、能力など)

③お金(もっと欲しい)

職場の人にイジワルされた、毒親に悩まされている、好きな人に振り向いてもらえない、もっとカッコよくなりたい、痩せたい、頭が良くなりたい、お金がいくらあっても足りない…などなど悩みは尽きず。これを読んでる方々も似たような悩みを抱えているかもしれません

悩みの原因と解決方法

シェークスピア
シェークスピア

期待はあらゆる苦悩のもとである

という言葉を聞いて思ったのですが、私の悩みは何かに期待したが、それが満たされないので嫌だったことに起因しているようです。では、どうしたら悩みが解決するのか?

自分がコントロールできないことに、過剰な期待をしない

これに尽きます

影響の輪、関心の輪

7つの習慣(スティーブンコヴィー)に影響の輪関心の輪という用語が出てきますが関心の輪とは自分がコントロールできないことを意味します

影響の輪 自分がコントロールできること(今日の献立、自分の行動など)
関心の輪 自分がコントロールできないこと(明日の天気、他人の心など)

さきほどご紹介した悩みの解決方法に追記すると

自分がコントロールできないこと(関心の輪)に、過剰な期待をしない

となります

自分ができること

悩みの解決方法の裏返しになりますが、自分ができることは

自分がコントロールできること(影響の輪)を決断する

ことだと思います

仮に自分がコントロールできること(影響の輪)である「自分の行動」に期待してうまく行かなかったら自信喪失してしまうかもしれません。それは良くないので、期待をするではなく決断するというのがポイントになります。何が何でも達成してやるぞ!と決断すると成功率が高まりますし、成功すると自信もつき、また次も達成しようという意欲もわきます

数年前に流行した嫌われる勇気という本をご存じでしょうか?本記事で詳細を説明することは避けますが結論として

人(関心の輪)に課題を押し付ける(期待する)のではなく、

自分(影響の輪)が責任を取る(決断する)

ということが語られています。先ほどの

自分がコントロールできること(影響の輪)を決断する

に近い考えであると思います。少しだけ具体例を挙げるとこんな感じです

他者にほめてもらうことで幸せを得る(自分が幸せになれない原因を他者に押し付ける)のではなく、自立した人間同士が共同体となり、自分が誰かの役に立っている(貢献している)と感じることで幸福を得る

さらに余談ですがとらドラ!の櫛枝実乃梨もニュアンスは違えど同じようなことを言ってたのを思いだしました(笑)

ふっざけんな!

私の幸せは!私がこの手で!

この手だけでつかみ取るんだ!

私には何が幸せか、

私以外の誰にも決めさせねぇ!

出典:竹宮ゆゆこ(原作)『とらドラ!』第23話「進むべき道」

まとめ

シェークスピア
シェークスピア

期待はあらゆる苦悩のもとである

を引用して、悩みの解決方法を考えてみました。読んで頂いた方の悩みが少しても減ったら幸いです

 

ABOUT ME
ペイヴメント
ペイヴメントブログ(当ブログ)は日々思いついたことを試したり、単なる日記を書き散らかしたりする無益な情報サイトです。
error: Content is protected !!